カテゴリ:アート( 46 )
『美の響演』と『フィンランド・デザイン』
今日はふらりと思い立って、大阪に行ってきました。
国立国際美術館で行われている、『美の響演 関西コレクションズ』と、大阪市立東洋陶磁美術館で開催されている『森と湖の国 フィンランド・デザイン』を見てきました~。
[
#IMAGE|d0134292_22283488.jpg|201306/29/92/|mid|1200|1600#]
『美の響演』の方は、関西の美術館から選りすぐりの作品が集められていて、とても見応えがありました!
特に彫刻が素敵でした~v
コレクション展では、『ピカソの版画と陶芸』なども開催されていて、昔の作品や、現代アートも沢山揃えられていて、こちらも楽しかったです!
昔は現代アートはあまり好きではなかったのですが、今見ると、物語性を見る人の感性から直接呼び起こすような作品になっていて、そこが魅力的なのかな…とも思うようになりました。
芸術も、また今後様々な手法を取り入れ色々と進化していくのだと思うと、わくわくしました!

d0134292_22412466.jpg

『フィンランド・デザイン』の方は、こちらは本当に可愛らしく、キラキラと美しいガラスの器がいっぱいで、凄く癒されました~v
フィンランドの食器って、日本でも人気なので、私も馴染みがあるような気がしていたのですが、とても様々な手法があって、改めてその素晴らしさに触れられた気がしました。
作成に関わる道具なども展示されており、フィンランドの政治的な歴史も理解できるようになっていて、ますますフィンランドが好きになりましたv

中之島はあまり飲食店なども無い印象でしたが、京阪の駅ができたためか、いつの間にか飲食店も充実していましたv
近くの駅ビルで中華ランチをいただいたのですが美味しゅうございましたv
d0134292_22414521.jpg
d0134292_22415821.jpg


今日は久々に一息ついた気がします。
…やっぱり同人誌作ったりすると、どうしても魂を持っていかれるというか(笑)
でも、こうやって沢山の作品を見て、同時に様々な視点から歴史を学ぶことによって、漫画に還元しているんだなあ、と最近しみじみ思います。
ありがたいことです。
決して平たんではないフィンランドの年表を眺めながら、現代に生まれて良かったなあ、と心から思いました。
[PR]
by watergigssidem | 2013-06-29 22:46 | アート
ばらとビールと串カツと
先日の大阪行きで、アフターはまずはご飯!とばかりになんばの地下に突撃しましたw
昼間っから酔っ払いでお店がほぼ満席の素敵な光景にわたくしもおビールをww
d0134292_1802914.jpg

そして、大阪と言えば串カツ!の、定食をいただきましたv
美味しかったです~vV
d0134292_181657.jpg

お腹が満ちたところで、まずは高島屋の『ユトリロ』展へ。
ユトリロの作品だけが、ここまで集められて見られるのは初めての経験で、凄く楽しかったです!
ただ、残念なのは、あまり解説が無かったことですね…。
ユトリロはかなり特殊な画家で、アルコール依存症と、精神の混乱で、ほぼ監禁生活の中で写真をもとに絵を描いたといわれています。
これは、画家としてはタブーに近い行為です。
(写真を元に描くと、色んな要素が失われると考えられているため)
そこから生み出された作品の歪みと、人を引き付ける力の兼ね合いをもっと分析しても良かった気がしましたが、逆に作品を純粋に楽しむには良かったのかも知れません。
(でもそう考えると解説は多かった…;)
ユトリロの後は、大急ぎで梅田へ!
『ベルサイユのばら』展へ!
d0134292_186415.jpg

何度も原画展には行っているのですが、やっぱり行ってしまいましたv
作品に込められたエネルギーと美しさに圧倒されて帰ってきました~。
前日はイベント、後半は美術展と、大阪に行くとつい欲張りな行動をとってしまいますw
春は奈良でも色んな催しがあるので、色々と行きたいと思っています。
…原稿も頑張らねば!
[PR]
by watergigssidem | 2013-05-17 18:10 | アート
美の競演 京都画壇と神坂雪佳~100年の時を超えて~
今日の京都は一日雨降りでした~。
でも、美容院に行って、高島屋でやっている『美の競演 京都画壇と神坂雪佳~100年の時を超えて~』に行ってきました!
d0134292_034136.jpg

日本画はふんわりした画面構成が素敵だな~vと思っていたのですが、今回の主要な展示作家、神坂雪佳はデザイナーとしての才能が発揮されてて、鮮やかな色彩と、インパクトのある構図が素敵でしたv
また、明治期の美人画は、ありのままの人間を描写したものとして、非常に生き生きとした女性像を描き出していました。
素敵でした~vV

で、その後はアフタヌーンティーをv
d0134292_0134838.jpg

京都は何気にアフタヌーンティーをいただけるお店が多くて嬉しいですv
美味しゅうございましたvV

で、その後は三条商店街で行われたビール祭りへ!
d0134292_0142148.jpg

全国の珍しい地ビールが集まっていて、商店街の人もちょっとした屋台を出していて楽しかったです♪
私は桃と、梨のビールをいただきました!
美味しかったですv
幸せな1日でした~vV
[PR]
by watergigssidem | 2013-05-12 00:19 | アート
ゴールデンウィークの東京散歩
今回の上京は3日中2日がイベント参加、しかも祝日ということで、あまり計画をしていなかったのですが、親切な友人たちのおかげで大変充実した、幸せな日々でした~v
初日は友人がコスプレしたので、眼福を楽しみつつ、そこで知り合った方々といっしょにもんじゃ!
d0134292_1730212.jpg

漫画イベントって、普段接点がない人たちと交流できるのが凄いです!
皆さん、可愛らしい素敵な方たちで楽しかったです~v
ホテルもゴールデンウィークなのに、いい感じのところが安く泊まれました!朝食も美味しかったですv
d0134292_17321241.jpg

2日目は、イベントで仲良くなったサークルさんと上野へ。
国際子ども図書館がまさかの休館(開館日だと勘違いしてました…orz)だったので、ダヴィンチ展に!
ダヴィンチの作品自体は少なく、有名だけど親しみのない画家だったのですが、今回は大量の手稿と、彼の影響を受けた前後の時代の作品が集結して、その偉大さや、素晴らしさを浮かび上がらせる構成なっていて、凄く面白かったです!
でも、ランチの後別れて、一人で行った『ラファエロ』展は素晴らしすぎでした…!
d0134292_1744622.jpg

知性と品性と確かな技術が溶け込んだ最強の画家、ラファエロ…!
彼の作品がこんなに大量に見れること自体が驚きでしたし、同世代、同じ工房から出展された同時代の画家たちの作品も素晴らしかったです(^^)
国立西洋美術館は常設展も物凄く豪華で、堪能いたしました~v

その後、『みんなの吹奏楽部あるある』の著者、オザワ部長さんと夕食を食べに行きました!
お蕎麦…!蕎麦!!私は東京の蕎麦が大好きなのです!!!
d0134292_17493876.jpg

そして甘いもの~v
d0134292_1750063.jpg

東京のあんみつは本当に美味しいですね~v蜜がミラクルに美味しゅうございましたv
d0134292_1751280.jpg
d0134292_17511452.jpg

夜の下町観光もしてきました!
本の作成の時もですが、本当に色々お世話になって、ありがとうございました!!

で、3日目はコミティアに行ったのですが、アフターは九州のお店で打ち上げv
九州の食べ物は本当に美味しくて好きなのですが、熊本出身の方と一緒に行って良かったのか(^^;)
チャゲ&飛鳥大好きなお店で、店員さんも親切で、私は凄く楽しく、美味しかったです。
d0134292_17542230.jpg
d0134292_17543388.jpg
d0134292_17544387.jpg

馬刺しが!お墨付きのうまさでした!!
はあ~、また九州に行きたいです(><)新幹線乗りたい!(え

とにかく、本当に充実した3日間でした。
皆様、本当にありがとうございました!!
[PR]
by watergigssidem | 2013-05-06 17:56 | アート
桜と「リヒテンシュタイン展」と「ゴッホ展」
友人のふじさんと、京都市美術館で開催されている、「リヒテンシュタイン:華麗なる侯爵家の秘宝」と「ゴッホ展:空白のパリを追う」に行ってきました!
d0134292_21582491.jpg

やはりというか、流石というか、入場制限まではしないまでも、平日なのに人がとても多かったです。
「リヒテンシュタイン:華麗なる侯爵家の秘宝」の方はバロック時代の作品を中心に展示されていました。
絵だけでなく、繊細な美しさと優美さ、そして何とも言えない可愛らしさを醸し出す調度品も展示されていました。
個人的に私の好みにぴったりの名作揃いで、見ていてとても癒されました~v
展示方法にも、色々と工夫がされていて、会場にいるととても優雅な気持ちになれました。
そして、戦争を経る中で、リヒテンシュタインの当主達が、芸術を収集することに強い使命感と誇りを持っていたこと、それを預かる美術館の館長たちが「早く一般公開を!」という強い願いを持っていたことに感動しました。

次に行ったゴッホ展ですが、こちらはなんとゴッホの作品だけで構成された非常に珍しい、貴重な展示でした。
ゴッホの財団が関わっているのが大きいのか、既存のイメージとかなり異なったゴッホが見えて、驚きました。
また、科学的方法によって分析された作品の制作過程や、技法など、展示方法が作品を解説するだけでなく、画家が、表現のためにどんな苦悩を経て、工夫を取り入れ、作品を完成していったかの過程が見られ、圧倒されました。
とても貴重で、観賞するのにパワーの必要な展示でした。

絵画を見た後は、平安神宮や、お向かいの京都府立図書館などを少し散策しました。
d0134292_2211214.jpg

桜が本当に美しく咲いていて、今年もとても幸せな春を迎えられましたv

で、そのあとはお気に入りのレストランでランチを♪
桜鯛のカルパッチョ ラヴィゴットソース 季節の食材と
d0134292_2212191.jpg

特選和牛ハンバーグステーキ
d0134292_2212445.jpg

うまあああああああああい!!!!
自分の生活圏外にあるので、あまり頻繁には行かないのですが、友人が京都に来ると一緒に行ってもらう素敵なお店です(笑)

その後は、神社に行ったり、伊勢丹をぶらぶらしてお茶を。
d0134292_22165856.jpg

あまおうのショートケーキとハーブティーv
今日も、美味しく、楽しい一日でしたv
[PR]
by watergigssidem | 2013-04-05 22:17 | アート
知られざるミュシャ展 -故国モラヴィアと栄光のパリ-
昨日は、実は京都駅の「知られざるミュシャ展 -故国モラヴィアと栄光のパリ-」にも行っていたのでした。
京都駅はコンパクトながら、中身がぎゅっと詰まった展示をするので侮れません(><)
d0134292_17335886.jpg

今回は、おなじみのリトグラフだけではなく、素描(スケッチ)や、下絵、構図の元になったモデルの写真や、挿絵を担当した冊子、ポストカードやカレンダーをソートしたものなど、小粒で、なかなか見たことがない内容で、凄く充実していました。
特に、初期の作品はやっぱり圧倒的に上手で、だんだんと変化していく描き方を見ることができて本当に良かったです。
媒体によって、少しずつタッチやデザインも変えていて、技法のポケットがどれだけ豊富なのかと驚かされました。
物凄い点数を、高いクオリティーで描きだしたミュシャの絵に対する愛情と喜びが伝わってくる、素敵な展示でしたv

その後、アフタヌーンティーをして、京都国際漫画ミュージアムに行ってきました!
ついに年間パスポートをゲットしましたw
今回は時間があまり無かったのですが、入口入ってすぐにプリキュアがお出迎えしてくれて嬉しかったですv
安野モヨコ先生の「シュガシュガルーン」の衣装を実際に作成したものや、沢山の人の手から手へと渡って作りだされた「スケッチトラベル展」も、日本人を含め、世界中の色んな方のイラストが見れて面白かったです!!
残念ながら「寺田克也ココ10年展」が少ししか見れなかったので、今度はがっつり見ようと思います。5月いっぱいはどの展示もやっているようですので、また行きます!
俺、今後2年以内に「伝える力:日本における漫画と言語(仮)」って論文書くんだ…(ぽそり)
[PR]
by watergigssidem | 2013-03-30 17:51 | アート
ガンダムとローランサンとくまモンと古代中国展!
今日は神戸に色々はしごってきました~。
まず、兵庫県立美術館にて「超・大河原邦男展-レジェンド・オブ・メカデザイン-」へ。
d0134292_2259435.jpg

いきなりシャア専用カーがお出迎え!
テンションが上がること上がることw
d0134292_22592450.jpg

館内は300点にも上る門外不出のメカデザインと、沢山のアニメ作品のダイジェスト、プラモデルなどの現物(1/1スケールのスコープドッグ@装甲騎兵ボトムズも!)があり、一点ごとに
「ふおおおおおおお!」
とかじりつきになる展示でした。
デザインを見て思ったのは、
「基本武士の甲冑のデザインを取り入れてるのかな?」
ということと、
「設定集からポスターまでまさかの手書き!(そりゃそうだ)」
でした。特に、イラストは鉛筆の線までくっきり見えて興奮しました(マテ
男の人が多かったですが女性も沢山いました~。
グッズも、ガンプラから「坊や」Tシャツまで!!
その他、コレクション展「いのちの色 美術に息づく植物」も本当に凄く素敵で、自然を絵、写真、彫像など様々な手法で表現されていて癒されましたv
また、建築家の安藤忠雄氏のプロジェクト紹介に関連して、震災の記録なども展示されていて、東北の復興のために自分が何ができるのか、考える時間もいただきました。
大満足の展示でした~(^^)ノ

次に行ったのは、岩尾駅からの通り道にあるBBプラザ美術館の「パリに彩られた画家たち ―マリー・ローランサンとその周辺―」展です。
d0134292_23145588.jpg

偶然入ったのですが、まさかいきなりダリの作品が見れるなんて!
他にもルノアール、シャガール、ピカソ、ユトリロの作品が!!!
もちろん、ローランサンとパリを主要なテーマに捉え、日本の画家でパリに魅せられた藤田 嗣治などの作品もあり、小展示ながら物凄く見応えがありました。
作品の解説がとても良くて、居心地のよい素敵な展示でした~v

で、その後は急いで三宮で昼食を食べ、そごう神戸店に来ていたくまモンのパフォーマンスを観覧しましたv
大人気すぎるやろ!くまモン大好き!!
d0134292_23143598.jpg


そして最後に神戸市立博物館で開催されている「中国 王朝の至宝」に行ってきましたv
d0134292_23161957.jpg

古代王朝(夏?)殷から近世の入口宋までを、広大な大地から出没した史料をもとに解説されます。
とにかくスケールがデカイ!しかし展示物は繊細なものも多く、中国大陸の持つ力強さを感じる圧倒的な展示でした。
要所要所で主要な土地の現在の様子などがモニタで流され、細やかな構成になっていて、中国文化に無知な私ですが面白く拝見できました。
しかし「何でそんな年代のものが今出てくるの?」という素朴な疑問が…中国広すぎる…!
一度だけ北京に行ったきりなので、また行きたくなる、素晴らしい展示でしたv

その後は中華街をぶらり。肉肉しい肉まん(150円)美味しゅうございました。
d0134292_23265118.jpg

充実した一日でした~v
[PR]
by watergigssidem | 2013-03-27 23:34 | アート
追悼 生誕100年 杉岡華邨展@大阪高島屋
杉岡華邨さんの生誕100年を記念した展示会が大阪高島屋であったので、昨日のイベント帰りに行ってきました。
d0134292_1161969.jpg

お恥ずかしながら、先日奈良に行った際立ち寄った奈良市杉岡華邨書道美術館で初めて作品を意識して(たぶんどこかで拝見していると思うのです)、素敵だと思い、今回も足を運んだのですが、とても良かったです!!
書道家の先生も、時期によって書体が変わりますが、初期の小作品の艶やかさにうっとりしましたv
でも、後期は大きな作品がダイナミックで面白いなあ、と思いました。
ご本人も、書を書いているのではなく、絵を描いているという意識で作品を作っていらしたようでした。
書家の方の評価の仕方はわからないのですが、かな文字は優しい、柔らかな雰囲気の作品が多いので、普通に見ているだけで楽しかったです。
入口を出ると、お道具の販売がたくさんあって、欲しくなりました(^^)
また、下の階でも『第二回 寧楽書展』があり、また違った個性の作品を拝見して満足でしたv
展示は26日(火)までですので、お近くの方は是非!

奈良市杉岡華邨書道美術館も素敵な建物でした。
奈良はこういった施設が街歩きに溶け込んでていいなあ、と思いました。
d0134292_11162737.jpg

[PR]
by watergigssidem | 2013-03-25 11:16 | アート
「よくばりコトコトこけし博2013」に行ってきましたv
以前の職場の同僚さんが主催される「よくばりコトコトこけし博2013」に行ってきましたv
元銭湯『錦湯』を使用した会場。入口から楽しいv
d0134292_23574592.jpg

中にはこけしが!いたるところに!!
絵本やメモ帳、ハンコなど、こけしそのものも他にもグッズが沢山ありました!
BGMのCDもあって楽しかったです~♪
d0134292_23594737.jpg

カフェもあって、チャイをいただきましたv
クッキーもこけし型(手作りジンジャークッキー!)で美味しかったです~v
d0134292_01056.jpg

こけし愛好家ではないのですが(え、入ったとたん、
「これはカワイイ!」
と興奮してしまいました!
明日も開催されていますので、お時間のある方は素敵なこけしワールドに是非浸ってみて下さいv
素敵な催しをありがとうございました~vV
[PR]
by watergigssidem | 2013-03-24 00:02 | アート
「お水取り」と「花ひらく少女歌劇の世界」
今日は奈良県立博物館で開催されている「お水取り」に行ってきました。
d0134292_2374399.jpg

お水取りは、説明が難しいのですが、1か月続く「懺悔の儀式」の総称のようです。
とても沢山の取り決めがあるようで、作法を記した書物の他、衣装やお道具、様子を描いた絵巻物など、多彩な史料が並びました。
しかし、びっくりしたのが音声資料!
映像もあったのですが、音声も会場で流されていて、昔の読経は現代のライブであるという説がぴったりの、ある種ノリノリの迫力音声が聞けました!
しかし、凝った食事の工夫もそうですけど、きらびやかな衣装などを見ると、「悟りってなんだろう…」と不思議な気持ちになりますw
宗教をもっと知りたい!という気持ちになる素敵な展示でしたv

その後は国立国会図書館関西館へ。
関西館小展示 「花ひらく少女歌劇の世界」を見るためです。
d0134292_23263082.jpg

これは、本当は後日セミナーの休憩時間に説明つきで観覧出来る予定なのですが、コンセプト的に、どう考えても濃い。つまり、そんな時間では観賞しきれないだろうなあ、と思ったので、一足先に行ったのですが、正解でした…w
濃いよ!素敵!!濃いピンクは乙女とロマンの色!!!
ビジュアル、音声を駆使した愛と夢が溢れる可愛らしい展示でした!
もちろん、関西館が所蔵している資料が展示されているのですが、やはりビジュアル的な要素が強く、時代を反映する要素もあって、図書も雑誌も写真などが多く、音声も聴けるので、見てよし、読んでよし、聴いてよし、の素敵な展示でした♪

上記2つの展示はどちらも、これまでの資料展示の域を超えて、音声、ビジュアルを取り入れていこうとしていて、時代を感じました。

奈良ではフォロワーさんお勧めの、コトモール内に入っている“おちゃのこ”さんで美味しい擂茶(れいちゃ)氷もいただいて、幸せな一日でしたv
d0134292_23204640.jpg

[PR]
by watergigssidem | 2013-03-06 23:29 | アート
  

まんが描き水知せりの生存確認ブログ。
by watergigssidem
プロフィールを見る
画像一覧
リンクなど
当ブログはリンクフリーです。
d0134292_1071414.jpg
<連絡先>
watergigssidem※excite.co.jp
※は@に変えて下さい。

別館→『羊図書館

<漫画友達リンクv>
お世話になってますvv

藤ゆうま様
『POPOPO de POPO』

ろくさぶろう様
『ろくさん亭』

中村ユキチ様
『EXPO』

サークル活動
『黒猫亭のおしながき』

『黒猫亭のおしながき』


創作コミュニティ
『マンガ@イラスト』
検索
タグ
ファン
ブログジャンル
漫画・アニメ
旅行・お出かけ
画像一覧